注意すべき注文住宅のデメリットとは?

注意すべき注文住宅のデメリットとは?

注文住宅のデメリットは、完成までの期間が長くなりがちということです。住宅の設計に大きく関わることになるので、優柔不断な人ほど住宅の完成に時間がかかってしまうでしょう。こだわり過ぎると費用が高くなってしまいがちというデメリットもあります。注文住宅は素材から設備まで、自分の好きなもの選択できるのが特徴。そのため、全ての部分にこだわり過ぎると、予算がオーバーする可能性が高いと考えておきましょう。要望を上手く取り入れつつ、コストを最大限まで抑えられる会社がないか確認してみることをおすすめします。仕上がりをイメージしにくいというのも難点です。完成済みの住宅の場合、内覧会などに行って外観や内装をチェックすることができます。一方、注文住宅の場合は、完成するまでどのような住宅なのか実際に見ることはできません。希望通りの家を建てたのに、「住んでみると想像と違った」とガッカリするケースもあります。出来上がりにがっかりしないように、イメージ動画を用意したり動線のシミュレーションなどを行ってくれる施工会社を選びましょう。

注文住宅の建築費についてその内容や費用相場をチェック

自由設計の注文住宅は何かと費用負担が大きくなりがち。そのため建築費の内容や費用相場をしっかりチェックして、慎重に資金計画を立てることが肝心です。まず大事なのが、建物本体工事費です。なぜならこの部分の費用だけで全体の約7割を占めるからです。具体的には建物の躯体や外壁、あるいは屋根や内装など、建物と直接関連する工事費を指します。次に注目すべきなのが、費用全体の約2割を占めると言われる、付帯工事費でしょう。これは水道やガスあるいは電気などの設備工事、さらには門塀や庭そして駐車スペースといった外構工事などのように、建物とは間接的な部分の工事費を指すのが一般的です。注文住宅の建築費は建物の面積や構造、仕様や土地の立地などによって大きく変わりますが、2023年の公的機関による調査では、全国平均で3532万円。住宅面積が124.4平方メートルの場合には、坪単価で93.94万円となっています。これらの費用相場を参考にしながら、精度の高い資金計画を立てることが求められます。

横浜 注文住宅に関する情報サイト
注文住宅LOVER

このサイトでは、家を建てる時に知っておくと便利な注文住宅に関する基本情報を紹介しています。施主の好みや要望をしっかりと反映させることができますので満足度の高い方法ですが、基本的な情報を知らずに計画を立てるとスムーズに進みませんし、上手くメリットを引き出せません。実際に選ぶことで得られるメリットや注意すべきデメリットに関しても説明しており、その両方をきちんと把握することで正しい判断ができるはずです。

Search